新政策は、北朝鮮を核計画放棄の交渉に復帰させるために制裁や外交的手段を用いるという。

 【ワシントン時事】米紙ワシントン・ポスト(電子版)は14日、トランプ政権が北朝鮮政策について、体制転換を目指すのではなく、核・ミサイル開発を放棄させるために「最大限の圧力」をかける方針を決めたと報じた。

子豚を退治しないとダメー!先の米中会談でもそうだけど…計算ずくなのか、たまたまなのかトランプさんの思惑どおりに情勢が流れつつある事が気持ち悪い。 
圧力でどうにかなる国だったら苦労しない直接的行動にでるしかない北は危ない。先制攻撃だ。開戦は遠くはない…国会もマスコミも呑気に、森友などの小さな問題でゴタついている場合ではない国内で被害が出た場合、想定外では、すまされない
体制転換求めず・・・・アメリカの思う理想の国になるのなら・・ と言う事です刈り上げ君はやはり 逝ってもらわないといつまでもこんな事が続きますねカリアゲ君のギャンブル力や如何に、中国に機会を与えるとか、北を油断させて実験をやらせるつもりだな。日本時間で式典は何時から?で、何時頃にミサイル打ち上げなの?はっきり教えてよ。マスコミさん!
あの変な髪型野郎を、とにかくどうにかしないとヤバイでしょ今日中に決着を!疲れました…