果たして本当に景気は拡大しているのでしょうか。

 アベノミクスによる景気拡大期間が戦後3番目の長さになりました。ただ、今回の景気拡大については以前と異なり、多くの人にとってあまり実感が伴いません。果たして本当に景気は拡大しているのでしょうか。 政府は経済活動がどの程度活発なのかについて景気動向指数などを使って定期的に検証を行っています。

あべのハルカスがどうした?すみません、拡大してると全く思えないのですが。
これが実感となるには企業が賃上げに動き始めるしかない。失業率などの数字からその兆候は既に出始めているが、こればかりは政府が強引にやるわけにもいかんからなぁ。デフレだから成長率は低いのでは。失業率は2.8%に下がっているし、学生の就職率はよくなっている。株価は民主党政権の倍くらいになってる。
アベノミクスという矢はなんぼ撃とうが、的に当たらずに安倍首相の爪先に当たったようだ・また新たにペテン師の矢を用意するから大丈夫だろ。景気が悪いときに増税は禁句なんですよ。今までに何度もそれで失敗してきてる。日本というブランドが流行った時代は終わった…日本人ってのは保守的だからね。インフレすると財布の紐を固くする彼らに刺激を与えるのは良くない日本の景気を回復するためには中国が必要なんです、現日本の大企業は安い賃金で賄える様に中国にどんどん進出しているまた安倍首相は日本を軍拡することと大企業だけを優遇するのかは得意だが、経済分野は超不得意さすが神戸製鋼を短期で退職した愚か者だ、余談だが…思うにアベノミクスは産業革命以前の時代で超最悪の失敗例になった様だ。