どんなワクチンにも、副作用の可能性はある。

結局のところ、ヒトパピローマウイルス(HPV)ワクチンを打っても大丈夫なのか。子宮頸がんの引き金となるHPVウイルスに対するワクチン接種について、昨今、このような質問を受けることが多くなった。子宮頸がんワクチンの画像子宮頸がんは、20代後半から40代前後の女性が発病しやすく、日本では毎年約1万人が罹患し、約3000人が死亡していると推定されている。

副作用を見てしまったら、怖くて自分の子供に打とうなんて、とてもじゃないけど出来ません。副作用をみたら怖いわな。接種年齢引き上げたらますますワクチンの意味がないと思うのですが…。
一時期、大々的なキャンペーンやってたけど副作用で酷いことになって。なるかどうかわからないものに後遺症が出るかもしれないワクチンは打てないでしょう。副作用を詐病扱いしてたのを忘れてるのか?平均3年遅く接種でもいいかな。したい人は自己責任で接種。それとワクチンの副作用を低減したものを開発されるまで待ってもいいかなと。男も接種したら?
いろいろと調べてみると 実際の数よりはるかに副作用の人が多いとか、・・・そのワクチンを接種しても実は数種類のガンにしか効かないとか、その効力は何年続くかはっきりしたデータは出ていないとか・・・。子宮頸がんは検診で防げる・・とか・・・どうも胡散臭いことが山のようにあるようです。  きちんと調べるほど・・・どうも利権がらみの接種推進だったり?                 でも、それより多くの苦しんでいる10代から20代前半の女性達を救ってやるべきでしょう!